ぼのぼのストーリーU

アクセスカウンタ

zoom RSS 菅生川の主

<<   作成日時 : 2008/04/29 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

たけしは、最近川釣りにはまっている。
菅生川の大鯉を、パンで何とか釣ろうと、日々入れ込んでいた。

そしてとうとう、主を釣り上げた。

友達二人も加担して、悪戦苦闘の結果、70cmの真鯉を釣り上げた。

余りの嬉しさに、ワーワー言っていると、橋の上のギャラリーから声援が飛んだり、近所の散髪屋のおっさんも写真を撮ってくれたりと、大騒ぎになったよう。

嬉しさの余り、チャリに鯉を乗せ、家まで持って帰ってしまった。
そして自分で証拠写真。
画像

この後、鯉様には川に帰っていただいたが・・・・・・・・・。

どえらいたたりが、待っていた


ままは、翌日が小学校のPTA総会で、副会長最後の大仕事。
夜の9時頃、役員から相談事があって、チャリで出かけたのはいいが・・・・・・。

既に焼酎2杯を仕込んでおり、折り悪く対向にもチャリがいて、しかも車(銀色デミオ?)もやってきた。
車は対向のチャリを避け、ままの方へ幅寄せを食らわした。
次の瞬間、ままは側溝へチャリ諸とも突撃し、顔面強打の上、右手もしこたま打ちつけた。

なにをすんねや、このクソガキ!!
ままは怒りに震えながらも、チャリを道に抱え上げ、ずぶ濡れであちこち痛いので、仕方なく一旦帰宅した。

しししかし、明るい所で見ると、右手中指は激しく裂傷(長さ:7cm、幅1cm)し、血が噴出している。
左目上も腫れあがっている。
ソソその姿を見て、震えがきてしまった。

家にいたのはたけしだけ。
たけしは、母の危機を察知し、119番。

たけしは、救急車の誘導のため表に出る。
ままは、仲間に危機を知らせる電話をかけまくる。
そこへ、ちょっと一杯終えた私が帰ってきた。

家の周りは人だかりが出来ている。
ほどなく救急車が到着した。
あまり事情が飲み込まないまま、私は救急車に同乗する。


ままは、神野へ運ばれ、右手中指を数十針縫合した。
そして顔面は、・・・・・・・・・爆裂腫れあがった。


もちろん、翌日のPTA総会ならびに懇親会を、ままは欠席した。
2年間のねぎらいの言葉もきけず、お礼の言葉も発せずに・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
菅生川の主 ぼのぼのストーリーU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる